Print Shortlink

学童保育で活躍する高齢者

少子高齢化が進み、労働人口の減少が危惧されています。働く人が少なくなると、製品の製造やサービスの提供に支障をきたしかねません。そのため、各業界では人材の確保に問題が生じています。減少しつつある労働者を確保するために注目されているのが高齢者です。これまでは、歳を取れば働く現場から去るというのが一般的でした。しかし、元気な高齢者が増えてきたため、労働人口の減少を食い止めるきっかけとして期待が集まっているようです。
高齢者が活躍できるアルバイトの現場としては、学童保育の仕事などがあります。現代は核家族化が進み、高齢者が家族にいるというケースが少なくなってきているのです。しかし、高齢者から学べることは実は多くあり、子供たちは貴重な機会を逃しているといえます。また、働く女性が増えてきたことで、今後さらに子供たちの面倒を見ることができる人の手が必要です。そこで、学童保育のアルバイトスタッフとして高齢者が携わることにより、これまでにない多様なメリットが生まれてくるといえます。高齢者が子供たちの面倒を見るということは、子供たちの成長のきっかけを作るということにもつながるでしょう。高齢者と触れ合う機会が、子供たちに新しい体験を身につけるという効果を発揮するのです。学童保育のスタッフの手が足りないという地域であれば、高齢者をアルバイトとして雇い入れるというのも新たに視野に入れていいのではないでしょうか。

Leave a Reply